磯だけどオオムラサキ

職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、求人はいつでも、とても多いというのが現状です。勤務している今の職場で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。ハードさで知られる看護師の仕事です。そのため、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、たいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどんどん疲れていって、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、ようやく「少し無理をしているのかも」などと実感してしまうことはあります。夜勤をこなす必要があって、看護師の仕事は勤務の形が少々不規則です。当然、休みはきちんともらえますけれど、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースがかなり多い、というのが問題となっています。出産し、子育てを始めるとなるといつでも託児を引き受けてくれる場所がないとそもそも夜勤などはできないものです。しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例が増えてきており、大きな戦力となっています。病院などで看護師という仕事に就いていると、当然のことですが、やめてしまいたくなることも往々にして起こります。仕事そのものの失敗のみならず患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。ですが、それだけではなく、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと思うことはいっぱいあります。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、さまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語にエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。食事のために休憩するということを働いている他の人にわかってもらう目的で使用している現場は多いようです。そもそもエッセンとは、というと、ドイツ語の動詞で食べるを意味するそうです。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれ今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。しかしながら、病院における看護業務の他にも、実は看護師がその資格を活かせる職場は多々ありまして、例えば、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で看護師として腕を振るう人も増えていて、競争率の高いところもあるようです。必ずしも病院でなくとも看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。ライフステージに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、良いことばかりでなく、難しい面もまたあるのです。することは多く、責任は重く、職場に拘束される時間が長くなりがちで、さらに不規則であること、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。そういったことをわかった上で、看護師という仕事を希望し、勉強に励む人が多い訳は、短所を帳消しにできる長所も多いということに他なりません。現在、私は病院事務として働いています。普段、看護師さんと仕事中に話すような機会はほぼありませんが皆さんいつも忙しそうです。仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。でも、私が思ったよりも柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。お子さん同伴での看護師さんの参加が相当いるんですよ。参加されていた先生方からも歓迎されていて終始温かないい雰囲気となりました。看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。ですが、交代制で夜勤があるなどで不規則な生活で、寝不足や疲労から体調を悪くしたり、ストレスでまいってしまったりすることはあるようです。そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、自身の身体に関してもかなり深く理解できるようになるでしょう。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、近年においては一段とお医者さんにかかる人が増加の一途を辿りつつあります。ですから当然、医療機関で働く看護師も現場では切実に求められているのに、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。しかし、人材が不足している、ということはつまり、人材を求める病院がそれだけたくさんあるということでもあって、たくさんある中から条件のいい働き先を見つけられる等の良い面もあるのです。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。厳しい労働環境の中で、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。夜勤のない職場に移ったとしても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、さらに看護師の需要は高まっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。一昔も二昔も前の話になりますが、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に広く考えらえていた節があります。しかしながら、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られるといった事実について、急激に周知されてきているようです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、家族の生活を成り立たせることができるくらいの収入にはなるのです。そう、つまり看護師は高給を得られる仕事であるのは確実です。止まらない少子高齢化の影響。医療の仕事を行う人々というのはまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。なので、現時点で看護師不足の状態なのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。毎年毎年、絶えることなく新たな看護師が世に生み出されているはずなのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが起因しています。休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第で一応、土日祝日を休みにするようにもできます。病棟勤務のままだとそれは難しいですが、外来勤務に変えてしまえば、基本的に土日は休みになります。何か不測の事態による緊急の出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういったところは高い確率でちゃんと土日休みになっているはずです。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。起こり得る様々なケースに、対応したマニュアルが完備されている、といったようなことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、着々と確実に業務をこなして、そこから学んでいく他はないようです。ところで、更なるスキル向上を狙って新しい職場を探す、という人も少なくありません。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。能力評価では、自分の看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。実行している病院がほとんどのようです。看護師の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、一からスケールを作っていった病院もあるようです。能力評価は、月々に行なう所や、年に一度だけ、という病院もあるようです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。看護士と看護師、発音は当然同じですが、この二つを漢字で書き表すと二通りで表すことができます。過去には看護士というと男性のことで女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。それが、2001年に法律が改正され、性別に無関係に使用できる「看護師」を使うことでひとくくりにされることになったのです。収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。一般的なほかの職業とは違って、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、短期や単発の仕事が探すとたくさん出てきますから、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。とは言え、メインで働いている職場の規定でWワークを禁じていることがあったり、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。収入の話になりますが、看護師という職業は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、夜勤や残業が多く、それに対する手当を間違いなくもらえる、というのも大きいです。他の人より夜勤をたくさんこなしていたり進んで残業をたくさんするなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、そうでない人たちより高めになります。学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、「転職しよう」と決めたのです。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、もういい大人なのだから、何か起こった時は決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とつくづく実感したものでした。他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均年収という点ではなんなく看護師が上回りました。慢性的に人手が不足している医療分野では需要が途切れることなくあります。そのため、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。ところが、高給を得られる職業ではありますが、延々とサービス残業をさせられたりすることも多く、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。看護師の存在は法律上、医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。ただ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、急を要する場合には、看護師の経験や知識にもよりますが、それなりの医療行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。きついながら、やりがいも大きいのが看護師というお仕事です。どんな時にやりがいを感じるかというと、例えば、回復して退院した患者さんが、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。それと、患者さんの家族や関係者の人にとても喜んでもらえた時など、看護師になって良かった、と実感します。生活は不規則になるし、ストレスはたまるし、看護師の仕事はとても大変です。なので、やりがいを覚えなくなったら、多分看護師はもう辞めたい、などと願い、悩んでしまうと思うのです。看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、片時も気を抜くことはできないでしょうし、そうしたことにより常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、精神的なきつさも感じることになります。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を知り、実行しているかということも、この先も長く続けたい場合は重要なキーポイントになり得ます。休みを自由にとれて、したい仕事を多くの中から選べるのが看護師という資格を、派遣という形の労働で生かすことを選んだことによる、なかなか得難い利点かもしれません。仕事は、単発のものや短期のもの、もちろん長期の募集もあり、派遣先は多種多様ですから、条件や相性のよさそうな所を選ぶと良いです。ですから、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、職を探すのも一つの手です。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、看護の業務に必要な諸々について直接、顔を合わせて報告するというものです。患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に話す努力が必要です。業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も当たり前のように期待されます。数年ほど、看護師として働いているのですが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、別の業界と比べてみたら、きっとまだまだ高い喫煙率を示すでしょう。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、そうやって発散できるのなら、それでいいと思います。ただ、健康には気をつけてほしいです。正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、パートとして働いている場合はだいたい時給になっています。具体的な金額としては夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが普通のようです。時間いくらのパート勤務にしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、医療機関で働く専門職ですし、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、あまり良い時給ではないのかもしれません。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは極力、放射線を浴びないようにすることです。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、うっかりミスなどが無いようにしましょう。もう一つ、薬のことも薬品に触れることは大変に多い訳ですし、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、予期せぬ妊娠の中断もよくあります。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、次の段階、すなわち面接に進むことができます。その場で、これまでの経歴や志望の理由について話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、能力的なこと以外に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり見られています。人間的な良さを相手側に知ってもらうことも大事なことなのです。